スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大島優子

この項目では、AKB48の大島優子について説明しています。演歌歌手の大島優子については「無料携帯ホームページ優子(演歌歌手)」をご覧ください。ヌードモデルの大島ゆう子については「大島ゆう子」をご覧ください。この記事にはノートで重要な議論がされた事項が含まれています。編集合戦を防ぐため、編集する前にこの記事のノートをご確認ください。おおしまゆうこ大島優子生年月日1988年10月17日(21歳)出生地日本・ショッピング枠現金化県血液型B型職業アイドル、歌手、女優ジャンルバラエティ・テレビドラマ・映画活動期間1996年4月-2006年2006年4月1日(AKB48加入時)活動内容AKB48チ-ムKメンバー元子役公式サイトAKB48太田プロダクション主な作品映画『千里眼』/『伝染歌』『櫻の園』テレビ『東京庭付き一戸建て』『栞と紙魚子の怪奇事件簿』『参議院議員候補マミ』表示大島優子(おおしまゆうこ、1988年10月17日-)は、日本の女性アイドルグループ「AKB48」チームKのメンバーである。栃木県出身[1]。太田プロダクション所属。愛称は通常は『現金化口コミ』。目次1来歴1.1所属事務所遍歴2人物3参加ユニット曲4出演4.1映画4.2テレビドラマ4.3バラエティ4.4特別番組4.5ラジオ4.6Web4.7CM4.8イベント4.9Vシネマ4.10コンサート5書籍5.1文庫5.2雑誌5.3写真集6ディスコグラフィー6.1CD6.2DVD7脚注8外部リンク[編集]来歴1996年頃よりセントラル子供劇団に所属し、子役として芸能活動を始める。2000年頃からジュニアアイドルとして活動し、2005年にはTHEALFEEの高見沢俊彦がサウンドプロデュースする総勢25人のジュニアアイドルユニット、Doll'sVoxに所属していた(アイドリング!!!9号横山ルリカも所属)。それ故に芸歴はAKB48全メンバーの中で最長である。チームKのオーディション直前までジュニアアイドルとしての活動を続け、2006年4月よりAKB48のチームKの一員として新たなスタートを切った。AKB48メンバーとしての歌手活動に加え、ソロとしての女優活動にも力を入れている。2009年6-7月に実施されたAKB48「言い訳Maybe」選抜総選挙では2位。[編集]所属事務所遍歴セントラル子供劇団→セントラルプロダクション→office48→太田プロダクション[編集]人物チームKのエースメンバーとして扱われており、チームK結成以後の全てのシングルで選抜入りを果たしている。ソロ曲である『泣きながら微笑んで』を持ち歌としている。お気に入りのAKB48の楽曲は、チームAの『背中から抱きしめて』。自身はリス顔だと思っている。愛称は通常『ゆうこ』だが、名前がemobile2のblog優子に似ていることから、小倉の愛称「ゆうこりん」から取って『コリン』、そこから訛って『コリス』とも呼ばれている。スノーボードが好きで4歳のころから滑っており、マイボードとマイウェアも持っている。公式サイトのAKB48日誌でもスノーボードを家族と楽しむ様子を動画で公開している。高校時代にはバンドを組んでおり、パートはベース。宮崎美穂の愛称「みゃお」の名付け親である。[編集]参加ユニット曲スカート、ひらり嘆きのフィギュアガラスのILOVEYOU禁じられた2人ふしだらな夏泣きながら微笑んで僕とライブチャットとジェットコースターConfessionごめんねジュエルエンドロールConfession[編集]出演[編集]映画大怪獣東京に現れる(1998年9月26日公開、松竹)-祭の少女役千里眼(2000年6月10日公開、東宝)-岬美由紀(幼少期)役伝染歌(2007年8月25日公開、松竹)-クレジットカード現金化あんず役櫻の園(2008年11月8日公開、松竹)-沢美登里役テケテケ(2009年3月21日公開)-主演・大橋可奈役
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

コンゴスキー

Author:コンゴスキー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。