スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型インフル 今月にワクチン輸入判断(産経新聞)

 大幅な不足で混乱した新型インフルエンザのワクチン接種だが、ワクチンの供給が進むにつれて、不足傾向は徐々に解消されつつある。すでに新型インフルに感染した人はワクチンを打つ必要がないため、厚生労働省の試算では、優先対象者全員が国産ワクチンを打てることも分かってきた。輸入ワクチンを合わせれば、全国民にワクチンが行き渡ることになる。

 気がかりなのは今後輸入予定の英系製薬会社「グラクソ・スミスクライン(GSK)」製のワクチンだ。昨年11月末にカナダで使われたワクチンの一部から、通常よりも高率で重い副作用が報告されたためだ。

 GSKは「一部以外では問題は生じていない」と安全性を強調し、カナダ政府も使用を再開したが、副作用が高率で発生した原因は明らかになっていない。

 厚生労働省も職員を派遣して調査にあたったが原因は不明のままだ。輸入については、1月中にも専門家による薬事分科会で検討し、長妻昭厚労相が最終的に判断する。輸入が決まれば2月にも、健康な成人を対象に接種が始まることになる。

 輸入予定のワクチンはほかにもスイス系製薬会社「ノバルティス」製のものもある。GSK製と合わせると輸入ワクチンだけで計9900万回分となり、余りが生じることも指摘され始めている。

d74i7mx2の日記ブログ管理ツール
Fredのブログ
クレジットカード現金化 比較
2ショットチャット
無料携帯ホームページ
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

コンゴスキー

Author:コンゴスキー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。